頒布中の刊行物に潜む、誤字・脱字・句点読点誤り等々を、
読者の皆様へのサービスも兼ねて備忘的に1件ずつ書き留めておくブログ。
投稿は、気が付いた or 思い出した順(爆)。あと、頒布を休止・終了した刊行物については掲載しません。
万が一にも再版出来たら、ちゃんと直したいです……
 

「『魔剣士サラ=フィンク』関連」のブログ記事(リスト順/当該ページ順)

『魔剣士サラ=フィンク』

 魔剣を操る青年魔道士と亡国の元王女との旅の途上で起きる事共を綴る、長編ファンタジー作品。
 1992年4月の創刊から2000年5月の終刊に至るまで『芸術研究誌 AIM』で連載、中途の1999年8月に第一部総集編を刊行(現在は頒布終了)。第二部完結編も含めた完全版を、2018年7月、初版発行。

『魔剣士サラ=フィンク』
 かつてケルリ王国を恐怖のどん底に陥れた無差別殺人鬼“魔剣士”サラ=フィンク。しかし、たまたま助けてしまったケルリの第二王女ミルシリアの存在が、彼を次第に変え始める。血に飢えた魔剣ブリザードと己自身を救う手立てを求め、彼女と共に“魔道王国”ルーファラを目指す彼の旅の途上に待っていたのは……
 表紙込み820ページ上製本、全1巻完結です。
 続きを書こうと思えば書けるけれど書かなくても未完ではない、という結び方になりました。

テキストボックス、ずれてた……

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 10ページ

■ 種別 : その他

■ 修正内容

【誤】 (地図の凡例、「旅人たちの街道」という文字に、後ろの番号「(⑭」が重なっている)
 ↓
【正】 旅人たちの街道 (⑭~⑫)


■ 備考
 文字の大きさが異なる為、別々のテキストボックスで配置していたのだが……いつの間にか、ずれていたようで……
 なお、ひっそりとカバー裏に印刷してある地図の方では、きちんとした間隔が保たれている(汗)。


熱じゃなくて

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 69ページ 7行目

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 熱くなれば脱ぎ捨てる上着
 ↓
【正】 暑くなれば脱ぎ捨てる上着


■ 備考
 ……何だこの初歩的な変換ミスは……どれだけ長い時間推敲してきたと……(泣)


「ゃ」は「ゅ」のお隣

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 97ページ 上段 24行目(左から2行目)

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 そのままぎゃっと
 ↓
【正】 そのままぎゅっと


■ 備考
 ……おうぅ、キーが隣同士なんで、この種の事故は稀によくある(どっち)。……あ、御案内の通り、当方、かな入力っす。とほほ……。

 こちら、まさに拙作をお読みくださっているという有難い読者様からお知らせいただきました(深謝)。
 凪野さん有難うございました(深々)。


他の読み方が出来るからアウト

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 160ページ 下段 6行目

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 サラ=フィンクになんて言い訳すれば
 ↓
【正】 サラ=フィンクに何て言い訳すれば


■ 備考
 「なんて」が平仮名になっていることを見落とした変換ミスであるが、此処が漢字になっていない場合、「サラ=フィンクになんて」と一気に読めてしまうので、私の中では誤字扱い(嘆)。誤解の余地がなければ「その他」扱いに止《とど》めていたのだが、他の意味での読み方が出来る場合はアウト。
 勿論、その後の「言い訳すればいいのよ!」まで読めば「サラ=フィンクになんて」ではなく、「サラ=フィンクに/なんて(何て)言い訳すれば~」であることはわかるだろうとは思う。しかし、そこで一旦僅かな戻りが生じるというか、「サラ=フィンクになんて/言い訳すれば……おっとっと、サラ=フィンクに/なんて言い訳すれば、だな……」てな風に、理解し直す為に踏鞴を踏む感じになるのは、どうにも頂けない。畳み掛ける、割に勢いのある台詞だから尚更である(嘆息)。


何故その閉じ括弧が……

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 179ページ 上段 1行目

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 ブリザード本来の輝きなのです」)
 ↓
【正】 ブリザード本来の輝きなのです」


■ 備考
 ……どうしてそこに、君が要る?
 対応する括弧がないのに、突然の閉じ括弧がそこにある(汗)。自分の場合、括弧書きの台詞は大抵、先に閉じ括弧まで叩いてから、間に言葉を入れてゆくので、何故こんな所に不要な閉じ括弧がくっついているのか、本気で原因がわからない(汗)。


それは『ミディアミルド物語』用語……

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 340ページ 下段 20行目(左から6行目)

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 念術の〝移し身〟を使い、
 ↓
【正】 念術の〝瞬移〟を使い、


■ 備考
 ええと……「移し身」は、『ミディアミルド物語』の方の用語で、リファーシアの念術では「瞬移」……(苦笑)。
 因みに、魔道の場合は「瞬間移動」である。これらの三つは、効果・現象としては全て同じなので読解自体に影響は殆どないものの、作者の目から見ると明らかな誤記。推敲時に見過ごされたパターンだな(汗)。


誤字とまでは言えないけど……

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 347ページ 下段 6行目

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 さっき人をあんなに切ったんで
 ↓
【正】 さっき人をあんなに斬ったんで


■ 備考
 厳密には誤字とまでは言えないのだが、私の場合、武器としての長刃物で斬撃により傷付ける場合は「斬」の方で記載することにしている為、心情的に誤字(苦笑)。


女性だって言ってるのに……

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 379ページ 下段 21行目(左から5行目)

■ 種別 : ルビ誤り

■ 修正内容

【誤】 「魔道士」のルビ「ソーサラー」
 ↓
【正】 「魔道士」のルビ「ソーサレス」


■ 備考
 直前に「見知らぬ女」と書いているので、敢えてルビを振るなら「ソーサレス」にすべきであったか。
 とはいえ、此処の「魔道士」は彼女個人を指す言葉ではなく一般名詞寄りの使い方なので、わざとルビを振り忘れておく(汗)というのが最適解だったかもしれない(苦笑)。


「る」が落ちてる……

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 513ページ 上段 10行目

■ 種別 : 脱字

■ 修正内容

【誤】 私の許に留まことを望むなら、
 ↓
【正】 私の許に留まることを望むなら、


■ 備考
 ……いやまあ前後関係から「る」が脱落していることはわかるだろうけど、何で落ちたんだ(汗)。


1  2  | 

カテゴリ --- クリックでリスト開閉


台詞botツイート

Twilogはこちらから。

里長のツイート

Twilogはこちらから。