頒布中の刊行物に潜む、誤字・脱字・句点読点誤り等々を、
読者の皆様へのサービスも兼ねて備忘的に1件ずつ書き留めておくブログ。
投稿は、気が付いた or 思い出した順(爆)。あと、頒布を休止・終了した刊行物については掲載しません。
万が一にも再版出来たら、ちゃんと直したいです……
 

「第4集 『将軍と呼ばれる迄に』」のブログ記事(リスト順/当該ページ順)

 架空世界歴史物(?)『ミディアミルド物語』のサイドストーリーズを収録したシリーズ、第4集。
 2012年7月、初版発行。

『将軍と呼ばれる迄に』
 ジャナドゥ養成所が多数あることで知られるシベルリンの森、高名なジャナドゥ養成者タカナ・ルーミンの許で厳しい訓練の日々を送っていたグライン・マーリは、或る朝、養成所を訪れた金髪の青年に興味を惹かれ、樹上からその後を追い始めた……
 表題作の他、掌編「ソフラ小景」、中編「リーズルの若き鷹」、短編「歪んだ糸の物語」「暁闇」及び「奇妙な旦那様」を収録。

 ようやくようやく出すことの出来た〝ケーデル・フェグラム特集〟の外伝集です。彼の少年時代から本伝5巻に入る前までの諸々を、一気に詰め込んであります。
 本伝5巻と6巻との間で読むと、一番美味しくお読みになれる筈です。
 なお、タイトルの読みは、「しょうぐんと よばれる までに」です。

黄玉と琥珀

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 47ページ 下段 16行目(左から10行目)

■ 種別 : ルビ誤り

■ 修正内容

【誤】 「琥珀色」のルビ「トパーズ」
 ↓
【正】 「琥珀色」のルビ「アンバー」


■ 備考
 琥珀はアンバー、トパーズなら黄玉だろ……そりゃアンバーもトパーズも黄色系統と言えば言えるけど、濃さが違う(汗)。


……借してもらう?

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 53ページ 上段 16行目(左から10行目)

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 去年から俺が借してもらってるんだ。
 ↓
【正】 去年から俺が貸してもらってるんだ。


■ 備考
 多分、最初は「借りてるんだ」と書いてたんだろうなあ。それを「貸してもらってるんだ」と書き直した時に、間違って「借りてるんだ貸してもらってるんだ」と、太字部分を消してしまった模様……(嘆)


通行じゃなく往来

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 122ページ 上段 12行目

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 マーナ王の裏書きがある通行手形を
 ↓
【正】 マーナ王の裏書きがある往来手形を


■ 備考
 昔「通行手形」と書いていたものは、現在全て「往来手形」に置き換えて出している。これは、何となくだが、「通行手形」だと関所だの町の隔壁の門だのといった〝点〟を通過する時にしか使えないイメージがあるのに対し、「往来手形」だとその〝点〟の周辺を含む場所つまり〝面〟でも通用するパスポート的なイメージがあるなあと感じている為。
 ……が、此処では、うっかり古い用語のまま入力していたのを、推敲時に見落としてしまった模様。納品後の読み返しで気が付いて、ガックリであった……


攻め取らずに、と書いた後で直したらしい。

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 130ページ 下段 17行目(左から9行目)

■ 種別 : 余り字

■ 修正内容

【誤】 攻め取らろうとせず
 ↓
【正】 攻め取ろうとせず


■ 備考
 恐らく、「攻め取ろうとせず」と書く前に、「攻め取らずに」と書いていたのだろう。それを推敲して書き直した際、この削除洩れが発生したと思われる。
 なお、この余り字、そっくりそのまま『駆け足、覗き見、ミディアミルド』(イベント頒布終了済み)にも移植されていた。見落としに気付いたのは、当該冊子の原稿を入稿した後……orz


つけない

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 140ページ 下段 5行目

■ 種別 : 誤字/ルビ洩れ

■ 修正内容

【誤】 嘘は付けない
 ↓
【正】 嘘は吐けない/「吐」のルビ「つ」


■ 備考
 ……あーもー、偶々開いたページで真っ先にこれが目に飛び込んでくるとか、その「バグが向こうから目に飛び込んでくる」能力、頼むから入稿前に発動してくれ……(嘆)。


「帰す」状況ではない……

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 142ページ 下段 12行目

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 ケーデルは頷き帰すと、
 ↓
【正】 ケーデルは頷き返すと、


■ 備考
 どうしてこんな変換になったのか(汗)。「頷き帰す」が成立する可能性は日本語として全くゼロとは言えないけれど、この場所に於いては、相手であるトミィルを「帰す」状況が生まれよう筈もないので、完全なる誤字。


……割と近くに潜んでたな……

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 144ページ 下段 12行目

■ 種別 : 送り仮名誤り/ルビ誤り

■ 修正内容

【誤】 脳裡を過ぎった。/「過」のルビ「よ」
 ↓
【正】 脳裡を過った。/「過」のルビ「よぎ」


■ 備考
 以前に、146ページにあった同種の誤りについて記載した際、「……この間違い、絶対、何処か他にも潜んでると思う……」と記したのだが、存外近所に潜んでいた(嘆)。


その送り方だと「すぎる」としか読まない。

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 146ページ 上段 24行目(左から2行目)

■ 種別 : 送り仮名誤り/ルビ誤り

■ 修正内容

【誤】 胸を過ぎる。/「過」のルビ「よ」
 ↓
【正】 胸を過る。/「過」のルビ「よぎ」


■ 備考
 私のATOKでは、「よぎる」と打つと何故か「過ぎる」が変換候補として出てくる(因みに、正しい「過る」の方は、自分で単語登録しておかなければ出てこない)。その都度に修正している筈なのだが、此処では何をボケていたのか、修正し忘れた上に御丁寧にルビまで振って通してしまった模様(嘆)。……この間違い、絶対、何処か他にも潜んでると思う……


余計なお世話かもしれないけど

■ タイトル : 将軍と呼ばれる迄に - ミディアミルド物語外伝集 4 -

■ 要修正箇所 : 155ページ 上段 23行目(左から3行目)

■ 種別 : ルビ洩れ

■ 修正内容

【誤】 (「妹君」の「君」に章初出ルビの振り忘れ)
 ↓
【正】 (「妹君」の「君」に章初出ルビ) ぎみ


■ 備考
 大きなお世話かもしれないとは思うが、読み方が複数ありそうな漢字、或いは変な風に読まれたくない漢字が出てくると、見た目簡単なものでもルビを振るようにしている。章初出時だけの場合もあるし、何度だろうが振り倒す場合もある。
 此処は、罷り間違って「いもうとくん」などと読まれたら堪らないので、出てくる都度にルビを振るべき場所であった。況して、後出の「妹君」にはきちんとルビを振っているのに、初出のこちらには振ってないというのは……(嘆)。
 ルビを振る時には、その前に同じ語の章初出がないかどうか検索を掛けるんだけど、時々引っ掛け損なうんだよなあ(苦笑)。


カテゴリ --- クリックでリスト開閉


台詞botツイート

Twilogはこちらから。

里長のツイート

Twilogはこちらから。