頒布中の刊行物に潜む、誤字・脱字・句点読点誤り等々を、
読者の皆様へのサービスも兼ねて備忘的に1件ずつ書き留めておくブログ。
投稿は、気が付いた or 思い出した順(爆)。あと、頒布を休止・終了した刊行物については掲載しません。
万が一にも再版出来たら、ちゃんと直したいです……
 

「第10巻 『ミゼルでの遭遇』」のブログ記事(リスト順/当該ページ順)

『ミゼルでの遭遇』 -ミディアミルド物語 10-

 野間みつねが高校生の頃から手掛けている、謂わば〝準ライフワーク〟的な作品、第10巻。架空世界の歴史物、と表現するのが一番適切かも。
 2014年8月、初版発行。

『ミゼルでの遭遇』
 マーナから慶賀使節としてレーナの都シャーラミディアを訪れていた近衛副長タリー・ロファは、一連の行事への参加を終えた翌日、ミディアム・サーガの案内で、シャーラミディア市中へ出た。しかし、穏和裡に過ぎると思われたその散策中、何げない会話の中で或る事実に気付いてしまったタリーは、その場に立ち竦んだ……

 前巻に比べると軽い! 薄い! ……いえ、あくまでも前巻比で、頒価が600円ということは、それなりに厚い巻なのですが(苦笑)。
 本伝が恐らく半分まで到達したぞ、ということで、記念に星村朱美様の挿画類を少しばかり再録しています。
 なお、タイトルの読みは、「ミゼルでのそうぐう」です。

ん!

■ タイトル : ミゼルでの遭遇 - ミディアミルド物語 10 -

■ 要修正箇所 : 68ページ 上段 18行目(章見出し5行分を含む/左から8行目)

■ 種別 : 記載誤り/ルビ誤り

■ 修正内容

【誤】 喝破していた/「喝破」のルビ「かっぱ」
 ↓
【正】 看破していた/ルビなし


■ 備考
 何でまた初歩的な単語の使い間違いを……幾ら初出ルビ漢字だからって、ルビまで振るなよ、そこで気付けよ……と言いたい。推敲が足りてないなぁ……。
 見た目は誤字にも見えるが、ルビまで振ってある辺り、意味が異なる語を使っていることにその時点で気付けていなかった、という証拠なので、誤記扱いとする(嘆)。


「ら」が抜けるよりはマシだった……か?

■ タイトル : ミゼルでの遭遇 - ミディアミルド物語 10 -

■ 要修正箇所 : 95ページ 上段 4行目

■ 種別 : 脱字

■ 修正内容

【誤】 「見らてしまうのではないかと」
 ↓
【正】 「見られてしまうのではないかと」


■ 備考
 「みらてしまう」が無事に変換出来たとは思えないので、色々弄っている内に誤って「れ」を削除してしまったとしか(汗)。……まあ、「ら」抜き言葉にならなかっただけマシだった、と思うことにしよう(苦笑)。


……え? 「え」は?

■ タイトル : ミゼルでの遭遇 - ミディアミルド物語 10 -

■ 要修正箇所 : 99ページ 上段 9行目

■ 種別 : 脱字/ルビ誤り

■ 修正内容

【誤】 「甦」のルビ「よみが」
 ↓
【正】 「甦」のルビ「よみがえ」


■ 備考
 たまに、この種のミスを犯すのだが……ルビを振る際に何故か「え」を削ってしまっていた模様。気持ちとしては脱字ながら、ルビ誤りでもあるので、双方に属するミスとする。


カテゴリ --- クリックでリスト開閉


台詞botツイート

Twilogはこちらから。

里長のツイート

Twilogはこちらから。