野間みつねの個人ブログです。
時には「千美生の里通信」のWeb版として、
そして時には創作活動の報告の場として……
余程に気が向いたら、書きかけの小説の断片を掲載するかもしれません。
 

『小説BADOMA』 第2巻、早くも刊行

 はえーよ!
 ……と言いたくなる間隔で、リライト第二巻、刊行されました。
 日程的に、どう見てもコミティア合わせだよねえ、でもコミティアでは売れないよねえ……(苦笑)

 そもそも『BADOMA』って何ですか、という辺りは、こちらのブログ記事を御参照いただければ幸いです。

『小説BADOMA 血塗られた伝説 2/5』
 真の勇者の称号〝ヴィルシャナ〟を目指して〝しるし〟を集める旅を続けるシフォロン達は、エルザイム王国の都ロクポリスに到着する。町は、王妃懐妊を祝う祭の真っ最中。吟遊詩人であるシフォロンは、宿泊した宿の女主人から、滞在中に階下の小料理屋で歌ってほしいと頼まれるが、仲間である黒魔道師タンジェには、ひとつの懸念があった……。

 第一巻に引き続き、「かきくけ工房」の高井玖実子さまに素敵な表紙を描いていただきました。
 第二巻の中で割と目立ち気味の(筈の)お三方に、表紙を飾ってもらっています(笑)。
 実は、おまけカットも頂いたので、巻末近くに掲載しています。そちらは、御購入いただいた方へのサービスショット(笑)とさせていただきますね。

 ページ数は、表紙込みで116ページ。
 頒価は、第一巻と同じ450円(送料別)です。
 当面は自家通販のみの取扱となりますので、宜しくお願いします。……受かれば(汗)夏コミが、イベントでの初売りとなる予定です。「架空ストア」様での委託販売はございませんので、御注意ください。

 里の書庫の紙媒体作品目録には、またしても大盤振舞で第四章第二節を丸々試し読みとしてアップしております! 御用とお急ぎのない方は、どうぞお気軽に覗いてみていただければと存じます。
 なお、二次創作の為、創作文芸見本誌会場「Happy Reading」さまへの見本提供はございません。御了承ください。



 因みに第三巻は、秋10月の「Text-Revolutions」合わせになる予定です。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ


カテゴリ --- クリックでリスト開閉




里長のツイート

Twilogはこちらから。

台詞botツイート

Twilogはこちらから。