野間みつねの個人ブログです。
時には「千美生の里通信」のWeb版として、
そして時には創作活動の報告の場として……
余程に気が向いたら、書きかけの小説の断片を掲載するかもしれません。
 

『ミディアミルド物語』の外伝集6巻『灰色の翼』、刊行

 久し振りに、架空世界の歴史群像劇『ミディアミルド物語』から、外伝集第6巻として『灰色の翼』を刊行致しました。

 ページ数は表紙込み112ページ、頒価は500円(送料別)です。但し、通販開始は、8月13日(日)のコミックマーケット92での初売り後とさせていただきます。
 当日の居場所は、東2ホール 「Q」 54 b です。昨年に引き続き、「お誕生日席」への配置とは(汗)。

『灰色の翼』
 本外伝集は、原則として「キャラクター達が本伝に登場する前の物語」で編んであります。
 収録作品は、収録順に、「セタリナーサの少年」、「月光《セタリナーサ》亭」、「運命のままに」、「青天の霹靂」、「頭立《かしらだ》つ日」、「灰色の翼」及び「ヴェルナーサの少年」の、計7編。
 最後の「ヴェルナーサの少年」のみは、本伝最初の章での出来事を別の人物の視点から描いた作品ですが、それ以外は全て、それぞれのキャラクターが本伝に登場する前、キャラクターによっては既にこれまでの外伝集で描かれている「本伝登場前」の時期よりも更に前、を描いた作品です。

 今回は、従前執筆済みの「月光亭」と「頭立つ日」、そして書きかけだった「運命のままに」を除けば、徹頭徹尾書き下ろし。
 ……書きかけ作品の続きを執筆した&新作4本(内、章立てもある中編1本あり)を書き下ろしたのは、夏コミの当落が出た後、つまり6月中旬から。
 よく間に合ったな、自分(汗)。
 特に、予定外に表題作の座を勝ち得てしまった「灰色の翼」は、「これで解決に向かうかな……」と思うと二転三転して話が長くなる有様で、デッドライン(無論、入稿までの推敲期間を確保出来るだけの時期を指す)までにきちんと終わってくれるのか、かなり冷や冷やしました……結局、第一締切には流石に間に合いませんでしたが、第二締切には何とか(苦笑)。
 正真正銘ギリギリ入稿だった2008年末の『まなざし』下巻には及ばないものの、近年稀に見る修羅場でございました。……ああ、いえ、『まなざし』下巻の時は、予め印刷所様から示されていた通常締切に間に合わず、ホントのホントの最終入稿締切(勿論、消印有効ではなく必着)前日に郵便局(地元の郵便局ではなく、都心の集配郵便局)のその日のゆうパック集荷の最終便に駆け込んでの割増入稿でしたから、もう決してアレと並んではならないのですが(爆)。

 話が逸れましたが(汗)、とにかく、登場人物が皆々若いです(笑)。
 そして、若い彼らを見守る年長者達も、なかなか美味しいです(苦笑)。
 収録順に、誰を採り上げた作品かを列記しておきますね。

  • 「セタリナーサの少年」 : ケーデル・フェグラム
  • 「月光亭」 : ノーマン・ノーラ
  • 「運命のままに」 : ミグ・ローリア
  • 「青天の霹靂」 : ソフィア・レグ
  • 「頭立つ日」 : クピー・ニルグリス
  • 「灰色の翼」 : タリー・ロファ、ベルマン・ミル、ナイルス・リブ
  • 「ヴェルナーサの少年」 : ミディアム・サーガ

 では、どうぞ宜しくお願いします。

★★★★★

 自家通販は、受付自体は開始致しますが、発送は夏コミ終了後、8月14日以降となりますので、御了承ください。「架空ストア」様での委託販売も、14日からの週の内には開始する心積もりです。

 普段通り、里の書庫の紙媒体作品目録に試し読みを、創作文芸見本誌会場「Happy Reading」さまには立ち読みの為の見本を、それぞれ置いてあります。御用とお急ぎのない方は、お気軽に覗いてやってください。

「Happy Reading」掲載ページ
   ■ 灰色の翼 → こちらから

2019年7月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アーカイブ


カテゴリ --- クリックでリスト開閉




里長のツイート

Twilogはこちらから。

台詞botツイート

Twilogはこちらから。