野間みつねの個人ブログです。
時には「千美生の里通信」のWeb版として、
そして時には創作活動の報告の場として……
余程に気が向いたら、書きかけの小説の断片を掲載するかもしれません。
 

本伝10巻『ミゼルでの遭遇』、納品

 架空世界歴史物『ミディアミルド物語』第10巻『ミゼルでの遭遇《そうぐう》』、納品されました。
 ……続きは来年後半以降、とか9巻を出した時に申しておりましたが、どうにかこうにか今年の夏コミに間に合いました(苦笑)。
 ページ数は表紙込み176ページ、頒価は600円(送料別)です……が、通販は、8月15日(金)のコミックマーケット86での初売り後とさせていただきます。
 当日の居場所は、西2ホール 「え」 18 a です。何故か「お誕生日席」への配置となっておりますが(汗)、どうぞ宜しくお願いします。

『ミゼルでの遭遇』
 今回は、前巻の後始末(?)から始まります。
 但し、今巻のメインは、どちらかと言えば、前の9巻では出番が少なかった主人公その二、ケーデル・フェグラムです。……そこへまるで副旋律のようにマーナ近衛隊コンビが絡んでくるおかげで、彼ら、特に後半に於いてはノーマン・ノーラが裏のメインになってしまった感は否めませんが(苦笑)。
 しかし、この二名、こういう関係になってしまうと、後々に予定されているあの展開に、どう帰結してゆくのかなあ……うん、きっちりと書き込んでゆかないとなりませんね! (……そしてまた長くなる(爆))

 ただ、物語全体を俯瞰する観点からすると、エポックメーキングはやはり、ラストの例の出来事かなぁ、とも思うわけでして。

 ともあれ、前巻とは異なり、色々と平和ではない一冊と相成りました。
 次巻も引き続き平和ではありませんが、戦が起きない(?)という点では、括弧付きの「平和」なのかな? ……今度こそ、来年後半にならないと刊行は無理そうですが(汗)。

 ……あ、もうひとつ。或る懐かしいお人が、本伝に再登場しています。ようやくようやく、リライト版1巻で敷いた伏線が回収出来ました……。

 いつも通り、里の書庫の紙媒体作品目録に試し読みを上げておくと共に、創作文芸見本誌会場「Happy Reading」さまにも見本を置いておきます。御用とお急ぎのない方は、どうぞ覗いてみてやってください。

「Happy Reading」掲載ページ
   ■ ミゼルでの遭遇 → こちらから

★★★★★

 なお、自家通販だけでなく、「架空ストア」様にも委託して頒布致します。
 こちらでの御報告をうっかり失念しておりましたが、現在、本伝も含めて『ミディアミルド物語』は全て預けております。
 個別ページのギャラリー写真をクリックすると、中身のチラ見せ写真も見られます。実は、架空ストア様にのみ提供している写真だったりします(笑)。

 野間みつねの委託作品リスト   http://store.retro-biz.com/list_o331.html

 送料を含まない頒価は、現在、自家通販・イベント頒布と同額に設定しています。場合によっては送料等で自家通販よりお得になるケースもございますし、支払方法が、ゆうちょ銀行以外にコンビニ決済・PayPalも選べますので、架空ストア様の御利用も御検討いただければ幸いです。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ


カテゴリ --- クリックでリスト開閉




里長のツイート

Twilogはこちらから。

台詞botツイート

Twilogはこちらから。