野間みつねの個人ブログです。
時には「千美生の里通信」のWeb版として、
そして時には創作活動の報告の場として……
余程に気が向いたら、書きかけの小説の断片を掲載するかもしれません。
 

本伝9巻『祝婚』、納品

 架空世界歴史物(?)『ミディアミルド物語』第9巻『祝婚《しゅくこん》、納品されました。
 あれも書く、これも書く……が積み重なった結果、ページ数は表紙込み260ページ(!)、頒価は1,000円(送料別)になりました……(汗)。
 イベント初売りは、5月5日(月・祝)に東京ビッグサイトで開催される「COMITIA 108」でございます。
 当日の居場所は、前記事でお知らせした通り、P32bです。宜しくお願いします。

『祝婚』
 ……恒例(嘆)の「何故か納品後にならないと発見されないミス」が、何と表紙に(汗)。
 後で正誤メモブログ側にも掲載しますが、ルビがズレとります……。  刷り直す程のミスではないけど、一瞥して目が点になってしまうようなミスである辺りが、何ともはや(嘆息)。

 気を取り直しまして。
 本伝各巻を通じて初めて、戦が一度も起きない巻となりました。
 それもその筈、今回のメインは、レーナの長老候補ソフィア・レグの結婚を祝う為に遠路遙々訪れたマーナからの慶賀使節団の面々と、それを迎えたレーナの面々とのお話です。如何にも平和なイメージですね(苦笑)。
 しかし、全く平穏無事というわけでもないのが、当たり前と言えば当たり前。
 マーナ慶賀使節団の副使として派されてくる近衛副長タリー・ロファは無論のこと、本伝では初登場となるマーナ近衛隊の女性近衛ミランシャ・リーナにも注目です。昨夏刊行の外伝集5巻をお読みの皆様方には既知の通り、彼女は○○○○さんの××ですからね(笑)。

 ……反面、舞台がほぼレーナ国内に固定されてしまう巻であるということで、ケーデル様の出番が殆どなくなるという弊害は出ておりますが(爆)。

 里の書庫の紙媒体作品目録に試し読みを上げておくと共に、創作文芸見本誌会場「Happy Reading」にも見本を置いておきますので、お時間のある方は覗いてみてやってくださいませ。

「Happy Reading」掲載ページ
   ■ 祝婚 → こちらから

★★★★★

 この続きは多分、来年の後半以降になると思います。
 来年の前半に向けては『魔剣士サラ=フィンク』の完結を優先させたいと考えておりますし、何より、ストックが(改訂前版以外に)全くありませんし(汗)。

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ


カテゴリ --- クリックでリスト開閉




里長のツイート

Twilogはこちらから。

台詞botツイート

Twilogはこちらから。