野間みつねの個人ブログです。
時には「千美生の里通信」のWeb版として、
そして時には創作活動の報告の場として……
余程に気が向いたら、書きかけの小説の断片を掲載するかもしれません。
 

『アンチ・サイオニック・シティ』、刊行

 これまた御報告が越年してしまいましたが、『レジェンダリィ・クレイン』シリーズの一作品である『アンチ・サイオニック・シティ』が、先月、刊行に至りました。

『アンチ・サイオニック・シティ』
 ページ数は、表紙込みで116ページ。
 頒価は500円(送料別)です。
 自家通販、架空ストア様での通販共に、諸々の事情からスタートが遅れておりますが、準備が出来次第、開始させていただきます。今暫くお待ちください(汗)。

 超絶的な超能力者《サイオニック》“クレイン”こと頼山紀博《よりやま のりひろ》の許に、銀河連邦軍情報局の高官となった旧知の友から持ち込まれた依頼。
 それは、銀河連邦の実験都市に残された抗《アンチ》サイオニック装置研究データの回収だったが……

 これまでにも折々に語っておりますが、『レジェンダリィ・クレイン』シリーズは、野間みつねが中学~高校時代に書いていた作品群です。今回は、その中から、中学生時代に物した、余りの安直な展開と結末に頭を抱えたくなるような作品を選び、ガッシガシにリライトし倒しました。当然、展開も結末も「原案」とは異なる作品となりましたので、一応は新作扱いということで良い……んでしょうかね(汗)。

 表題作以外に、番外編「時間差は殆どゼロ」を収録。……本編の中では台詞すら存在しないチョイ役さん達のお話ですが、まあ、本編の脇にはこういう地味な、しかし彼らにとっては大きなエピソードもあるよね、と(笑)。

 イベント初売りは、少々先で、2月23日(日)の「第二回文学フリマ広島」となる予定です。どうぞ宜しくお願いします。
 (つ、通販開始は、流石にそれまでには(汗))

 創作文芸見本誌会場「Happy Reading」さまでの見本公開は、通販開始後になると見込まれます。暫くお待ちください(汗)。掲載しましたら、この記事に追記させていただきます。

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ


カテゴリ --- クリックでリスト開閉




里長のツイート

Twilogはこちらから。

台詞botツイート

Twilogはこちらから。