野間みつねの個人ブログです。
時には「千美生の里通信」のWeb版として、
そして時には創作活動の報告の場として……
余程に気が向いたら、書きかけの小説の断片を掲載するかもしれません。
 

「COMITIA114」、無事終了

 11月15日、東京ビッグサイトで開催された「COMITIA 114」に、サークル参加してまいりました。

雨のプロムナードから聖地を望む

 来年春の「Text-Revolutions」第3回向け企画「長編上等」のPRカードを前日から作成・印刷していて、刷り上がり直前に発見されたスペルミスの為に刷り直しが2回も発生するという惨事(自業自得)により、当日は、2時間しか寝ていないという余り宜しくない状態でしたが、やや強めの小雨の降る中、どうにか、サークル入場開始時刻に会場入りすることが出来ました。

 今回は、「虚影庵」さんとの合体参加です。
 お互いの活動20周年記念誌を、並べて展示することにしておりまして。

ティア114スペース

 ……「持ってこーい!」という御希望が複数寄せられた噂の回転棚(写真左)、イベントデビューです。
 その割に、「ガラガラしたーい」と主張していた人達がガラガラしに来なかったよーな気がするんですが、まあ、そこはそれ(苦笑)。

 知り合いの方以外でガラガラ回してくださる方が居なかったのは、回せる棚だということがわかりづらかったからだろうなあ、という反省があります。次にこの棚を使うのは冬コミになると思いますが、「こいつ……回るぞ!」みたいなPOPは付けておこうと思っています(汗)。

 ティアでは初売りとなる『はたとせ』はお取り置き分以外は動きませんでしたが、ティアでは最終頒布とする『補充裁判員2番』が1冊貰われてゆきましたので、そこは良かったなあと思っております。
 拙サークルにお立ち寄りくださった皆様、有難うございました。

 という次第で、来年からは、東京のコミティアには、秋のみの参加とさせていただく予定です。
 直接参加するイベントを絞らないと、肝心の本が出せなくなる、という状態に陥りつつありますので(苦笑)。
 ティアにしか参加されないという方には本当に申し訳ありませんが、本が出せなくなってしまっては本末転倒ですので、御寛恕いただければ幸いです。

★★★★★

 ……あ、そうそう、設営時間中、来年のティア117を目指す部活動「長編部」さんからペーパーを頂き、当方の「長編上等」企画の葉書をお渡しし、という出来事もありましたので、御紹介しておきます。

 来年の「COMITIA 117」(夏ティア)に参加出来て、5巻以上で構成されるシリーズを頒布していて(総集編として纏めていても可)、一話目などの試し読みを無償提供(事前にウェブで公開)出来て……というサークルさんは、是非参加を検討なさってみてください。
 来年1月には部活動サイトを公開される予定だそうです。

 ……因みに私は、他条件は胸を叩いて「どんと来い!」ですが、仕事の関係で夏ティアへの参加が無理無理無理のカタツムリという身ですので、今回は応援に徹します(嘆)。
 秋ティアでも引き続き活動していただければ、喜んで参加するんですけど(苦笑)。

2021年7月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ


カテゴリ --- クリックでリスト開閉




里長のツイート

Twilogはこちらから。

台詞botツイート

Twilogはこちらから。