【第5回 登録作品】インフィニティ

  • 投稿日:
  • by
  •  カテゴリ:
基本データ
【作者】 凪野基
【テキレボ8 参加予定サークル名】 灰青
【テキレボ8 ブース番号】 D-04

【作品シリーズ名またはタイトル名】 インフィニティ
【読み】 インフィニティ
【現在の巻数/完結済みか否か】 序章+本編全四章+番外編/全6冊にて完結(テキレボ8にて完結編を発行)
【表紙絵・挿画等あれば作者】 なし

【ジャンル、キーワード等】 一次創作、剣と魔法、男装、失われた過去、ゆるシリアス、冒険譚

【簡単な説明】
雪深い故郷を飛び出した男装の半精霊シャイネ、一夜にして瓦礫と化した「滅びの都」ク・メルドルの生き残り、記憶喪失の騎士(仮)ゼロ。
それぞれに理由と秘密を抱えたふたりは港町で出会い、殴り合い、罵り合いのすえ、利害の一致を見て同道することに。
凄腕の「狩人」であったシャイネの父の仇、ゼロの記憶のよすがである剣、赤く光る不気味な卵、精霊排斥を叫ぶ女神教、行く手を阻む魔物たち。追って追われる旅路は神話の欺瞞に辿り着く。糖度低めの冒険譚。

各巻紹介
序章
【タイトル】 序章 伏せられた手札
【読み】 ジョショウ フセラレタテフダ
【初版発行日等】 2016年10月8日

『序章 伏せられた手札』
【判型】 A5
【表紙込みページ数】 52p
【頒価】 100円

【簡単な導入等】
――闇はヒトを従える。夢を渡る。ヒトの心に入り込むものさ。

雪深い故郷を飛び出した男装の半精霊シャイネ、記憶喪失の騎士(仮)ゼロ。それぞれに理由と秘密を抱えたふたりは港町で出会う。

プロローグ兼、世界観や登場人物紹介用のお試し本。まずはこちらで作風、文体の試し読みをどうぞ。本編と内容の重複はございません。

【試し読み等】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054882357288(第一章以降も含む)
【テキレボWebカタログ】 https://plag.me/p/textrevo08/4812



第一章
【タイトル】 第一章 冬の空闇の夜
【読み】 ダイイッショウ フユノソラヤミノヨル
【初版発行日等】 2017年1月22日

『第一章 冬の空闇の夜』
【判型】 A5
【表紙込みページ数】 146p
【頒価】 500円

【簡単な導入等】
「あんたの感情は、あんたのものだよ」
差し伸べられた手と手が触れて、夢が閃く。

男装の半精霊と記憶喪失の騎士が受けた訳ありの依頼を端緒に、もつれ絡まる因縁を描く。ゼロのことを知るらしい覆面の追手、街でシャイネを助けた凄腕の男、治安維持をはかる「青服」の隊長。混乱の中、シャイネは夢に落ちて過ぎ去った光景を視る。

【テキレボWebカタログ】 https://plag.me/p/textrevo08/4811



第二章
【タイトル】 第二章 工業都市の紅蓮
【読み】 ダイニショウ コウギョウトシノグレン
【初版発行日等】 2017年9月18日

『第二章 工業都市の紅蓮』
【判型】 A5
【表紙込みページ数】 132p
【頒価】 500円

【簡単な導入等】
「シャイネが人殺しにならなくてよかった!」
すれ違う言の葉は業火となって、逡巡を灼く。

大陸東岸の工業都市にやって来たシャイネとゼロ。
精霊封じの工房を構える半精霊との出会い、朱金の眼を持つ黒い女との出会い。シャイネの父・スイレンのかつての仲間との交差によって手札が返され、ひとつの過去が明らかに。復讐か、それとも赦しか。
揺れるシャイネの決断と、見守るゼロの静かな選択を描く第二章。

【テキレボWebカタログ】 https://plag.me/p/textrevo08/4810



第三章
【タイトル】 第三章 遙けき蜜月
【読み】 ダイサンショウ ハルケキミツゲツ
【初版発行日等】 2018年7月16日

『第三章 遙けき蜜月』
【判型】 A5
【表紙込みページ数】 142p
【頒価】 500円

【簡単な導入等】
「僕は、あなたがたの敵にだってなる」
紡がれぬ想いは黎明よりも仄かに、まだ見ぬ道を照らす。

工業都市を去ったシャイネとゼロは学問の都にある大学府図書館を目指す。魔物の増加や神都の包囲など、耳に入るのは不穏な噂が増えるなか、半魔クロアと再び遭遇して――。
ゼロの過去、アーレクス・ウォレンハイドと滅びの日の真相が語られる。伏せられた手札が明かされ、揃った役はさらに西、神都への旅路を示していた。

【テキレボWebカタログ】 https://plag.me/p/textrevo08/4809



第四章
【タイトル】 第四章 旅路の果て
【読み】 ダイヨンショウ タビジノハテ
【初版発行日等】 2019年3月21日

『第四章 旅路の果て』
【判型】 A5
【表紙込みページ数】 200p
【頒価】 800円

【簡単な導入等】
「それは、夢の話」
可能性を伐って咲く花を、勝ち取って笑え。

神都で囚われの身となったシャイネは脱出とゼロの奪還を決意する。王子アズライトとの出会いによって女神教の混乱と神都の腐敗を知り、ふたりは手を結ぶことに。神都の内外で絡み合う思惑は、魔物の大群に勝利しうる結束を生み出してゆく。
女神、精霊、魔物。勝利を手にするのは誰か。本編完結編。

【テキレボWebカタログ】 https://plag.me/p/textrevo08/6179



番外編
【タイトル】 番外編 トリニティ
【読み】 バンガイヘン トリニティ
【初版発行日等】 2014年9月14日

『番外編 トリニティ』
【判型】 A5
【表紙込みページ数】 70p
【頒価】 300円

【簡単な導入等】
「インフィニティ」番外編集。本編未読でも読めますが、致命的ネタバレを含みます。
精霊封じの剣たちによるご主人自慢「ツチフルクニ」、
高く険しい山を越えて郵便物を配達する交易局員『山鳩』。新入りのジンクスと指導教官ヒューイのお仕事小説「ジェミナイの山鳩」、
半魔クロアが初めて関わった狩人、スイレンとの交差を描く「永久影」の三話を収載。
統べる者、壊す者、彩る者。混淆がいつかの豊穣を育む。

【テキレボWebカタログ】 ttps://plag.me/p/textrevo08/6180

補足事項
【今後の見どころ等】
本編は第四章でひとまずの結びを迎えますが、登場人物たちの旅は、生活は、これからも続いてゆきます。その一端を描いた番外編「トリニティ」も(発行は本編よりも昔という謎仕様ですが)お手に取っていただければ幸いです。

【その他、作者からの補足・メッセージ等】
序章+本編全四章+番外編、合計6冊がついに揃いました。セットでの購入時に限り、ささやかながら割引があります(2700円→2500円)ので、どうぞご利用ください。
また、試し読み(第一章より抜粋)つきのフライヤーもご用意しています。こちらは無料配布ですので、お気軽にお持ち下さいませ。まのいさんのイラストが見られるのはここだけ! どうぞお見逃しなく。

(c)2018 まのい
(c)2018 まのい