交換日記ブログ「里の茶店 万年貸切部屋」の中から、
里長・野間みつねの投稿のみを移植したブログ。
2008年6月以降の記事から、大半を拾ってきてあります。
 

結構、長くなりました

 どもども、野間みつね@予約投稿です。
 こちら、投稿予定日の前日に叩いております。

 一か月近く予約投稿で続けてきた「レーナから来た青年」の連載も、ようやく最終回。
 結構な長さになりました。
 nikkijamだったら、倍の日数、必要だった筈ですので(汗)。
 纏め読みの為のページは、週末か、次の連休かで作成したいと思っています。……あくまで、予定です(苦笑)。

 そして、このキリリク短編の副産物として書いてしまった、“タリー・ロファの面目ない話”も、ようやく一段落……「これでこのエピソードは終わっていいな」と思える箇所まで、書き終えたところ。
 んで、近年の拙サークル本のページレイアウトに落とし込んでみたら、何と、61ページ分もありまひた(爆死)。……いや、無論、実際の原稿として使う場合は、読み仮名挿入をルビに変換したり、段落整形をしたり、という作業で、何ページか減るのは間違いないのですが、それでも、これまでの『ティブラル・オーヴァ物語』1冊分の分量のおおよそ半分は埋めちゃってるじゃないですか(汗)。
 結構、長くなりました……つぅか、副産物なのに長過ぎー(泣)。……いえ、本伝のパーツなので、長くてもいいんですが……

 (……実は、その“タリー・ロファの面目ない話”を書き始める前にも一本、短いながらも副産物(とゆーか、内容的には直接関係ないので、反動。……昔から、明るい話を書くと、反動からか暗い話を無性に書きたくなるんですわ(汗))の短編を書き上げているというのは内緒(爆))

 この勢いで『まなざし』の残り3章分(だと思う)を書けていたら、今頃は……という感じなのですが(汗)、何しろ創作の神様は昔っから、当方の思い通りに降りてくださることが殆どありません(嘆)。せめて、手掛ける作品を替えても今回のこの勢いだけは持続してほしいと願っている今日此頃です。

 それでは、長々と連載にお付き合いいただき有難うございました。
 ふと気が付いたら次のキリ番まで1,000カウントを切っているのですが(焦)、残るひとつの宿題も、出来るだけ早期に着手したい……と希望はしています。……あくまで、希望です(汗)。

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ

里長のツイート

Twilogはこちらから。

台詞botツイート

Twilogはこちらから。