既刊の正誤メモランダム

頒布中の刊行物に潜む、誤字・脱字・句点読点誤り等々を、
読者の皆様へのサービスも兼ねて備忘的に1件ずつ書き留めておくブログ。
投稿は、気が付いた or 思い出した順(爆)。あと、頒布を休止・終了した刊行物については掲載しません。
万が一にも再版出来たら、ちゃんと直したいです……
 

範囲が広過ぎる

◎ 改訂第二版で修正済み

■ タイトル : エモーショナル・サイオニック

■ 要修正箇所 : 18ページ 下段 8行目

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 夕刻
 ↓
【正】 (夜間寄りの具体的な時間帯)


■ 備考
 フェントーク号の墜落は、日没後ぐらいのイメージ。しかし植民惑星の日没時間は決め切れないなあと考えて「夕刻」としていたものの、この言葉だと、日没後のみならず日没前が含まれてしまう。曖昧な状態のままで良い作品ならば構わないが、この作品の場合、登場人物達が皆々「夜」だと認識出来る時間帯でなければならない為、「夕刻」では宜しくなかろう。よって改訂版では、夜間寄りの具体的な時間帯の記載に修正することにしたい。


◎ 改訂第二版で修正済み

■ タイトル : エモーショナル・サイオニック

■ 要修正箇所 : 35ページ 下段 23行目(左から3行目)

■ 種別 : ルビ誤り

■ 修正内容

【誤】 「透視能力者」のルビ「クレアヴォイアニスト」
 ↓
【正】 「透視能力者」のルビ「クレアヴォイアント」


■ 備考
 確かに中高生時代の作品ではそう書いているんだが、本作を書くに当たって改めて調べ直し、より適切な形に修正した……筈なのに、こんな所に残っていたとは(恥)。
 これも、改訂版の原稿を読み直していて今更気が付いた案件。振ってあるルビが第一章と全然違うのは問題でしょー(爆)。


ルビが欲しい

◎ 改訂第二版で修正済み

■ タイトル : エモーショナル・サイオニック

■ 要修正箇所 : 78ページ 上段 16行目(左から10行目)

■ 種別 : ルビ洩れ

■ 修正内容

【誤】 (「その夜の内に」の「夜」にルビの振り忘れ)
 ↓
【正】 (「その夜の内に」の「夜」にルビ) よ


■ 備考
 誤りと言うほどではないのだが、「よる」ではなく「よ」と読んでほしいと思う箇所(或いは、逆の場合)には必ずルビを振ることにしているので、改訂版ではルビを振る。


私基準だと要ルビ

◎ 改訂第二版で修正済み

■ タイトル : エモーショナル・サイオニック

■ 要修正箇所 : 4ページ 上段 10行目

■ 種別 : ルビ洩れ

■ 修正内容

【誤】 (「容易い」の「容易」にルビの振り忘れ)
 ↓
【正】 (「容易い」の「容易」にルビ) たやす


■ 備考
 これは、私基準だとルビ必須。初出でなくても、ルビ必須。……改訂版の原稿を読み直していて、今頃になって見付けるという……(汗)


そっちは「ヴ」(3)

■ タイトル : はたとせ -「千美生の里」 20周年自選蒐 -

■ 要修正箇所 : 275ページ 下段 17行目(左から9行目)

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 ソニーブ
 ↓
【正】 ソニーヴ


■ 備考
 この作品では、故あって「V」に「ヴイ」ではなく「ブイ」とルビを〈以下略〉


そっちは「ヴ」(2)

■ タイトル : はたとせ -「千美生の里」 20周年自選蒐 -

■ 要修正箇所 : 275ページ 下段 16行目(左から10行目)

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 ジャスティ・ソニーブ・ルーク博士により
 ↓
【正】 ジャスティ・ソニーヴ・ルーク博士により


■ 備考
 この作品では、故あって「V」に「ヴイ」ではなく「ブイ」とルビを振り倒しているのだが〈以下略〉


そっちは「ヴ」(1)

■ タイトル : はたとせ -「千美生の里」 20周年自選蒐 -

■ 要修正箇所 : 275ページ 下段 14行目(左から12行目)

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 ソニーブは勘弁してくれ。
 ↓
【正】 ソニーヴは勘弁してくれ。


■ 備考
 この作品では、故あって「V」に「ヴイ」ではなく「ブイ」とルビを振り倒しているのだが、こっちは「ブ」じゃなくて「ヴ」なので!


ブツではなく、シャ

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク

■ 要修正箇所 : 150ページ 下段 12行目

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 力ある物同士がぶつかる
 ↓
【正】 力ある者同士がぶつかる


■ 備考
 魔法戦士達の話をしょーるのに、何でブツになっとるんじゃー……(ブツブツ)


しまった……

■ タイトル : 予言者ミグとの対面 - ミディアミルド物語 11 -

■ 要修正箇所 : 170ページ 1行目

■ 種別 : 記載誤り

■ 修正内容

【誤】 邂逅してしまいましすし
 ↓
【正】 邂逅してしまいましたし


■ 備考
 まず「邂逅してしまいますし」と書いた後で、「邂逅してしまいましたし」と書き直そうとして、「しまいま」と「すし」の間に「した」と書き足し、「しまいましたすし」となったところで「す」を消す筈が、誤って「た」の方を消してしまった……というパターンだったと推測される(汗)。


 野間みつねが高校生の頃から手掛けている、謂わば〝準ライフワーク〟的な作品、第11巻。架空世界の歴史物、と表現するのが一番適切かも。
 2020年4月、初版発行。

『予言者ミグとの対面』
 ミディアム・サーガは、将来レーナ将軍府の武官になりたいと熱望するエラスタ村の少年アリン・ソーマに、年初闘技会への参加を勧めた。それは、闘技会の場で王家公認の武術師範達の目に留《と》まれば、庶民出身のアリンでも仕官への道に進めるだろうと考えてのことだった。ミディアムにも予想外の見事な戦い振りで準決勝まで勝ち進んだアリンであったが……

 4年振りに、本伝の続きが出せました(汗)。
 因みに、主人公その一とその二の距離(物理)が近い状態が此処まで長く続くのは、この巻が最初で最後です。

« 前の10件 |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  | 

カテゴリ --- クリックでリスト開閉


台詞botツイート

Twilogはこちらから。

里長のツイート

Twilogはこちらから。