既刊の正誤メモランダム

頒布中の刊行物に潜む、誤字・脱字・句点読点誤り等々を、
読者の皆様へのサービスも兼ねて備忘的に1件ずつ書き留めておくブログ。
投稿は、気が付いた or 思い出した順(爆)。あと、頒布を休止・終了した刊行物については掲載しません。
万が一にも再版出来たら、ちゃんと直したいです……
 

ロブスト将軍専用?

■ タイトル : マーナの知将 - ミディアミルド物語 5 -

■ 要修正箇所 : 60ページ 上段 17行目(左から9行目)

■ 種別 : ルビ洩れ

■ 修正内容

【誤】 (「御辺」にルビの振り忘れ)
 ↓
【正】 (「御辺」にルビ) ごへん


■ 備考
 章初出ルビ単語なのだが、振り忘れを見落としていた(汗)。
 因みに、今のところ、出番がそれなりにあるキャラで二人称に「御辺」を使うのは、ロブストさんぐらいかなぁ。


平謝り

■ タイトル : 蔵出しミックスナッツ - ジャンルごた混ぜ短編小説集 -

■ 要修正箇所 : 52ページ (段組なし) 8行目

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 高井玖美子さん
 ↓
【正】 高井玖実子さん


■ 備考
 既に御本人には謝罪済みだが、人名の間違いは(自分の中では)一番アウト(平謝り)。目次とインフォメーションページの方では間違えていないのだが……。


『小説BADOMA 血塗られた伝説 1/5』

 1990年に株式会社アスキー(当時)から発売されたコンピュータRPGコンストラクションツール『Dante』に収録されていたサンプルゲーム『BADOMA 血塗られた伝説』のノベライズ。全5巻予定で3巻までを刊行したところで休眠、長らく幻の作品状態になっていたが、突如として復活(汗)。
 表紙絵は、高井玖実子《たかい くみこ》さん。
 1990年10月、初版発行。2015年3月、改訂第二版をオフセット誌として発行。

『小説BADOMA』 1/5
 ランガズム大陸の北の果て、カナルネアの町に立ち寄った若き吟遊詩人シフォロンは、夕食を摂っていた居酒屋で、客同士の起こしかけたトラブルを歌の力で収める。真の勇者の称号〝ヴィルシャナ〟を目指す自由騎士イスファムから〝王の試練〟に挑戦する旅へと誘われて同意した彼は、その後、トラブルの一方の当事者であった青年黒魔道師にも声を掛けたが……

 ……こ、今度こそ完結させます。終章、ひと足お先に書き上げましたし(爆)。

何を始めて……

■ タイトル : ダグディグル・グルーグラス - ミディアミルド物語 3 -

■ 要修正箇所 : 51ページ 下段 1行目

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 始めてお目に掛かります。
 ↓
【正】 初めてお目に掛かります。


■ 備考
 変換ミスの見落とし。こっちだと、下手をすると「何かを始めて」お目に掛かる、ということになってしまうぢゃないかい(嘆)。おにょれ……


ルビまで振ってる(嘆)

■ タイトル : 祝婚 - ミディアミルド物語 9 -

■ 要修正箇所 : 239ページ 上段 19行目(左から7行目)

■ 種別 : 誤字

■ 修正内容

【誤】 彼らに互する
 ↓
【正】 彼らに伍する


■ 備考
 何じゃこりゃ……わざわざルビまで振ってるってのがもう……何故、その時に間違いに気付かなかった(嘆)。


微妙過ぎるから気付く人が居るかどうか

■ タイトル : 祝婚 - ミディアミルド物語 9 -

■ 要修正箇所 : 237ページ 下段 18行目(左から8行目)

■ 種別 : その他

■ 修正内容

【誤】 読点(2か所)と次の字との間隔が狭過ぎる
 ↓
【正】 一行全体の字間を調整


■ 備考
 一太郎では(?)行末の追い込み禁則設定を掛けている状態で、行末に追い込みの句点が来て改行になると、読点と次の字との字間が自動的に狭くなる。これを解消する為に、そうなった時には必ず、一行全体に均等割付を掛けて、字間を調えている。それを掛け忘れている箇所。
 気付く人がどれだけ居るか、というレベルだが(汗)、私の中では修正すべきミスなので、備忘として。


 野間みつねが過去に何処かで個別に発表したものの、単行本に纏められる当てのなかった小品を、ジャンルごた混ぜで採録した短編集。二次創作モノも混在。
 2014年11月、初版発行。

『蔵出しミックスナッツ』
 「歩出斉城門、遙望蕩陰里……」 聞こえてきた歌声に、青年は覚えず足を止めた。
 一次創作5本「梁父吟 習作」、「Yoriyama Brothers」、「落星前夜 習作」、「Escape!」、「星祭りにはまだ早い」と、二次的著作物ではない二次創作2本「伝説の前に」、「誓言から逃げる魔道師」を、7本それぞれ全てリライトまたはリバイスして収録。

 長編体質の野間みつねにしては珍しい、純粋な短編集です。しかも、二次創作が混じっているということで、更に珍しい(汗)。
 とは言え、何の二次創作なのか、殆どの方には全くわからないと思われます(汗)。でも、読むに当たっては全然問題ない筈です(爆)。元々、当方の二次創作は、「何処に需要が?」という結構ニッチなところばかり突いてますから、読者が背景世界の約束事を御存じないこと前提で書いております……。

「かぶる」も「こうむる」も送り仮名は同じ(2)

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク 刊行準備冊子

■ 要修正箇所 : 27ページ 下段 1行目

■ 種別 : ルビ洩れ

■ 修正内容

【誤】 (「被り」の「被」にルビの振り忘れ)
 ↓
【正】 (「被り」の「被」にルビ) かぶ


■ 備考
 ……同じく、完全版では忘れずに振る。


「かぶる」も「こうむる」も送り仮名は同じ(1)

■ タイトル : 魔剣士サラ=フィンク 刊行準備冊子

■ 要修正箇所 : 18ページ 下段 18行目(左から8行目)

■ 種別 : ルビ洩れ

■ 修正内容

【誤】 (「被って」の「被」にルビの振り忘れ)
 ↓
【正】 (「被って」の「被」にルビ) かぶ


■ 備考
 「被る」という動詞は、「被らない」「被り、」「被れ」「被って」「被ろう」……どんな活用形になろうとも、ルビなしだと、「かぶる」とも「こうむる」とも読めてしまう困りものである。なので、章の中に何回出てきてもルビ必須。……なのに、振り忘れてる(嘆)。完全版ではちゃんと振っておく。


『魔剣士サラ=フィンク』 刊行準備冊子

 ライトファンタジー(多分)作品『魔剣士サラ=フィンク』の刊行に向け、装幀等の試行の為に作成した準備冊子。イベント会場では無料、通販の場合は送料のみでお分けしている。
 2014年10月、初版発行。

『魔剣士サラ=フィンク』 刊行準備冊子
 全ての序章たる「トータル・プロローグ」並びに第一話「砂漠の暗黒神殿」篇の第一節及び第二節を収録。
 イベントでの頒布を停止している同作品第一部総集編から多少リライトしている為、全く同じ内容というわけではない。
 なお、表紙絵等には、星村朱美様から従前頂いたイラスト類を使用。

 普段使っていないフォントや書籍用紙、マットPP加工等を使ってみました。
 2015年の完全版刊行まで、こちらの冊子で宣伝させていただく心積もりです(汗)。

« 前の10件 |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  | 

カテゴリ --- クリックでリスト開閉


台詞botツイート

Twilogはこちらから。

里長のツイート

Twilogはこちらから。